2018年11月03日

ダウランド「流れよ、わが涙」をマンドリンで♪

マンドリンでルネサンスを弾いてみました!

ジョン・ダウランドの曲で
“Flow, my tears”「流れよ、わが涙」

この曲、好きなんですよねえ。

かつて、器楽合奏の五重奏版も試してみましたが、人数の都合もあり、歌+リュート伴奏の楽譜をもとに、マンドリン三重奏に書き換えてみました。
歌のパートと、伴奏2パートという編成です。


演奏を、YouTubeで公開しています。どうぞ~↓


その① マンドリン、マンドラ、マンドセロ(ショートバージョン) 
マンドリンユニットMarsupiale(マルスピアーレ)の演奏です。
ステージの持ち時間の都合上、繰り返しを省いています。





その② マンドリン、マンドラ、マンドセロ(フルバージョン)
Sound-Hole(サウンド・ホール)の演奏です。





その③ マンドラ、マンドラ、マンドセロ
こちらは2017年、Sound-Hole(サウンド・ホール)の、コンサート時の録音です。
歌パートの音域がマンドラに合うので、弾いてみました。




それにしても、この曲好きだわ。何回も弾いています。
わたしは、マンドリンを弾いたり、マンドラを弾いたりしています。
ここではトレモロで弾いていますが、伴奏パートをピッキングで弾くのも、やってみたいです。
posted by いけこ at 16:54| Comment(0) | マンドリンの演奏が聴ける! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

マンドリンでルネサンス♪「イタリア風のパバーヌによる変奏曲」

現代のマンドリンで、ルネサンスの曲を演奏したので、紹介します。

アントニオ・デ・カベソン Antonio de Cabezón(1510-1566)作曲
「イタリア風のパバーヌによる変奏曲」

カベソンは、スペインの作曲家で、オルガニストなんですって。
この曲も、もとはオルガンのために書かれています。
この曲は、変奏が主題とずれたりからんだりするのが、おもしろいです。
バス→マンドセロの見せ場もあります!

楽譜は、「リコーダー四重奏曲集 3  ルネサンス時代の舞曲から」
北御門文雄(きたみか・ふみお)編(全音楽譜出版社)
を使いました。
リコーダー四重奏用に編曲された楽譜を、マンドリン1、マンドリン2、マンドラ、マンドセロのマンドリン四重奏で演奏しました。

北御門さんのリコーダー曲集には、とってもお世話になっています!!



↑こちらは、2017年11月にコンサートをした際の、前日練習の録音です。
4年前の演奏↓と聴き比べてみると、少しはオトナになったかなあ?どうでしょう。


↑こちらは、2013年にマンドリン四重奏演奏会で弾いた時のもの。
激しい…。

Sound-Holeは、ルネサンス好きです。
気づけば何曲も弾いています。
YouTubeの「ikekomandolin」のチャンネルでは、「マンドリンでルネサンスを弾く」という再生リストも作っています。
よかったら、聴いてみてください!
posted by いけこ at 22:22| Comment(0) | マンドリンの演奏が聴ける! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

マンドリンの演奏紹介!マーク・ゴールデンバーグ「Queen of Swords」

マンドリンの演奏を、ひさびさにYouTubeにあげてみました。

「Queen of Swords」(剣と女王)
マーク・ゴールデンバーグ作曲
いけこ編曲



みなさん、この曲をご存知でしょうかねえ?
わたしは子どもの頃に、サントリーローヤルのCMでこの曲を聴きました。1980年代前半です。
あの「ランボー編」の映像が、すばらしかったんですよ。子どものわたしには、ちょっと怖かったけれど。
のちにアルバムをCDで聴きましたが、CMよりもテンポが速く、軽い感じになっていました。
子どものころからずっと心に残っていた曲を、編曲し、マンドリンで演奏してみました。

それにしても、編曲って、難しいですね。
もともと違う楽器で演奏されている曲を、よく聴き、音を拾うだけでなく、マンドリンの四重奏という編成を生かして編曲するのは、曲をはじめから作るよりも難しいと思います。
この曲は、2010年に一度演奏しているのですが、かなり手直しをして、2017年のコンサートで演奏しました。
メンバーには「前より難しくなった~」と言われましたが(スミマセン)、前より表現を工夫できたのではないかと思います。どうでしょ?

最初の編曲では足踏みとタンバリンにしていたのですが、コンサートをするにあたって、重要文化財の床をドンドン踏むのはまずいだろうと考え、フレームドラムを購入しました。
これです。↓
drum03867.JPG

編成
マンドリン1+フレームドラム
マンドリン2
マンドラ
マンドセロ
タンバリン

同じCMの「ガウディ編」の曲「オルフェ」も、いいんですよねえ。
これも弾いてみたいです。
posted by いけこ at 12:22| Comment(2) | マンドリンの演奏が聴ける! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

クーラント「バラフォスタスの夢」

マンドリンでルネサンスを弾いてみました!

クーラント「バラフォスタスの夢」
作曲者不詳
北御門文雄(きたみか・ふみお)編曲
「リコーダー四重奏曲集3 <ルネサンス時代の舞曲から>」(全音楽譜出版社)


演奏 Sound-Hole 2018.2.4
練習の時の録音です。ほかのスタジオの音が、ちょっと入っています。

ルネサンス~バロック期の、鍵盤楽器の曲集「フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブック」の一曲です。
ここでは、リコーダー四重奏に編曲された楽譜を使って、マンドリン、マンドラ、マンドラ、マンドセロの四重奏で演奏しました。
ソプラノ →マンドリン
アルト→マンドラ
テナー→マンドラ
バス→マンドセロ

「バラフォスタス」って、人ですか?どんな「夢」ですか?
作曲者がわからないので、よくわかりません…。
「クーラント」は、後期ルネサンスからバロック時代の、3拍子の舞曲の一種です。
昔、自分が持っていた「器楽」の教科書では、「速い舞曲」って書いてあったと記憶しているのですが、速さは国や時代によってちがっていたようです。とはいえ、当時の録音があるわけではないので、研究して、妥当な線を推測するしかないんですけどね。
きっと、現代人の速さの感覚とはちがうだろうと考え、また、撥弦楽器であるマンドリンでどのくらいまで弾けるかと試して、こんな感じの速さになりました。
以前試奏したときは、最後のパッセージなど「こんなの弾けない~!」と、ボツになりましたが、今では、まあまあなんとか弾けるようになりました。
続けるといいことがある…と実感した、一曲です。

YouTubeの「ikekomandolinのチャンネル」に、「マンドリンでルネサンスを弾く」という再生リストもあるので、よかったら聴いてみてください。
posted by いけこ at 21:02| Comment(0) | マンドリンの演奏が聴ける! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

マンドリンの演奏紹介「パバーヌとガリアルド」

マンドリンの演奏を、YouTubeで紹介しています。



今回は…
「パバーヌとガリアルド」
(ウィリアム・バード作曲、北御門文雄編曲)

編成は、マンドリン1、マンドリン2+マンドラ1、マンドラ2、マンドセロ。4パートを5人で弾いております。
演奏はSound-Hole、2017年11月19日のマンドリンコンサートin札幌より。

パバーヌとガリアルドが交互に出てきます。
最初のパバーヌは、「ソールズベリー伯爵のパヴァーヌ」とも呼ばれていますね。
わたしは、3曲目のパバーヌが好きです。
いつか、ガリアルドを踊ってみたい!

YouTubeのikekomandolinのチャンネルもごらんください。
「マンドリンでルネサンスを弾く」という再生リストもありますよ~。
posted by いけこ at 15:24| Comment(0) | マンドリンの演奏が聴ける! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

マンドリンの演奏紹介「白い花・サルタレッロ」

マンドリンの演奏を、YouTubeで紹介しています。

「白い花・サルタレッロ」
(チェーザレ・ネグリ/ヴィンチェンツォ・ガリレイ作曲、いけこ編曲)

編成は、マンドリン、マンドラ、マンドセロの三重奏。
演奏はSound-Hole、2017年11月19日のマンドリンコンサートin札幌より。



ルネサンス期の音楽を、現代のマンドリンで演奏してみました!
…というか、好きな曲を自分たちで弾いてみたいから、編曲したんですよ。
リコーダーやハープ、ギター、マンドリンなどいろいろな楽器で演奏されているCDを聴いて、マンドリンでも弾いてみたいなあと思いました。
この2曲のメドレーは、ギターでもよく演奏されているようで、YouTubeでも紹介されています。
手書きで楽譜を書いていたころからしばしば編曲していて、ギターありの五重奏や四重奏に仕立てては、メンバー内で曲だししていました。そのうち、シンプルな三重奏で演奏するようになって、現在に至っています。
三重奏なので、マンドセロにもメロディを持たせるよう工夫してみました。
ネグリさんは踊りの先生、ガリレイさんはあのガリレオのお父さんだって!
posted by いけこ at 15:32| Comment(0) | マンドリンの演奏が聴ける! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする