2020年03月17日

ドキドキ東京旅!日暮里・谷中さんぽ

披露演奏会に出るために、東京へ行きました。
今回は、旅の記録。
旅って、気候や植生や文化の違いを発見しますねえ。
ブラキストン線を越えて、レッツゴー!

まず、披露演奏会の振替公演が2月15日と決まったときに、わたしは早々と飛行機の予約をしちゃったんですよ。
楽器は手荷物にするには微妙に大きかったし、荷物として預けるのは心配だったので、楽器用の座席もとりました。
楽器用座席は定額のため、楽器よりわたしの座席の方が安いくらいになりました。
でも予約してから、はたと気付いたのです。
振替公演に出る人が少なくて、公演自体がなくなったら、どうしよう…。
(早割りなので、キャンセル料が40%だって!)
振替公演が無事開催されて、ホッとしました。


仕事を終えて、前日夜(2月14日)に旭川空港から飛行機に乗りました。
DSC_0500.JPG
↑夜の旭川空港、気温は0℃。あったかいですねえ。
一人で乗ったことなんてなかったので、ドキドキですよ。
旭川空港では、楽器を持っているので、一番初めに搭乗案内されました。VIPっぽい!(帰りはなかったけれど)
中国の「春節」のころから、みんな新型コロナウイルスを警戒しています。
わたしも、マスクをつけて移動しました。
少なくとも、かぜをひいてはいけませんから。

羽田空港に降り立ったら…あ、暑い!
タートルネックの綿ニットにカーディガン、冬コートという北海道装束は、さすがに暑いです。
カーディガンやあったか肌着を脱いでも、まだ暑いです。
周りを見ると、さっき一緒に乗っていたお客さんも、薄手のコートに変わっている…なるほどねえ。
マスクも蒸れて、汗をかきながらの移動です。

空港から、東京モノレールに乗りました。
モノレールって、不思議な座席配置ですね。ところどころ、座席が窓側でなく中央にあります。
大きい荷物を置く台もあります。
このとき乗ったのは各駅停車。こんなところで?と思うような駅でも、人が乗ってきます。整備場でお仕事している人かな?
DSC_0504.JPG
↑よくわかんない写真ですが…、水の上を飛んでいるような感じでした。
そして、きらめく夜の街を縫うように走ります。近未来!?不思議な感覚ですね。

山手線に乗り換えて、日暮里駅に到着。
うわー、夜10時を過ぎているけれど、明るくて人が多いわ~。
どの出口からでたらいいの~?と迷子になりかけていると、演奏者のYさんから「そろそろ着いたかな?」というメール。
スマホのマップを頼りにホテルに到着したら、Yさんがフロントまでお出迎え。
夜遅いのに、ありがとうございます!
旭川空港から乗ったのはわたしだけだったので、心細かったんですよ~。ホッとしました。

15日当日は、あたたかくて良いお天気。
朝食のときに、制服を着た小学生と、私服の小学生が二方向に登校していくのが見えました。土曜日って、登校あるの?
Nさんに「部屋から富士山が見える」と教えられて、見てみると…
わたしの部屋からも、見えました!いいことありそう!!
DSC_0508.JPG
写真に撮ると、よくわからないですね。
↓切り取って、コントラストをつけてみましたが…わかります?
DSC_0508 - コピー.JPG


昼食は、モスバーガーをテイクアウト。
往復時に、特殊生地・衣装生地のフジカケを見つけて、
「よし、明日行くから待っててよ!!」
と、心の中で予約しました。
マンドリン弾きは「フジカケ!?」と反応しますが、藤掛センセイではありませんよ~。衣装に使うような生地を取り扱っているお店です。
わたしは前に、サテン生地のサンプルを送ってもらったことがありました。
このお店、最近、浅草から日暮里に移転したんですって。最近は、「フリカケ」「プチカケ」というお店もあります。

演奏会のあと、北海道で出会って東京で再会したお二人と一緒に、又一順 (ユーイシュン)という中華料理店へ行きました。
レトロな店内、料理がおいしい!しかも安い!
話に花が咲いて、ついつい長居してしまいました。

翌日の 日暮里・谷中さんぽは、こちら
posted by いけこ at 23:48| Comment(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

2020年だって!

おお~、2020年になりました!
今年もよろしくお願いします。


わたし「ねえ、今年は書き初めする?」
オット「う~ん、みんな、去年の抱負を継続するんじゃない?どう?」
「2019年の抱負…」は、こちら
わたし「ああ、…そうかもね。今書くとしても、わたし、同じこと書くかも」
オット「じゃあ、今年は書き初めしなくていいか!」

というわけで、今年も「練習」継続!!
練習の時間確保が課題ですが、少しずつ、やりまっせ~。
この正月休みは、毎日練習できて、幸せです。


昨年年は、
マンドリン四重奏演奏会まさかの棄権!とか
第26回TIAA全日本作曲家コンクール 室内楽部門 奨励賞受賞があったり、
北海道教育大学札幌校マンドリンクラブOB・OG会の定演に出たり
5年ぶりの北海道マンドリンフェスティバルに出たりしました。
コンクールの入賞者披露演奏会が、台風で中止になったりもしましたが、
全道音研大会で、「冬の足音」の演奏を聴くことができました。
そうそう、「奏でる!Mandolin」2019年秋号に、コンクール入賞のことが載りました。
中学校のマンドリン部さんを、2校とも訪問できたのも、よかったです!これからも、応援していきますね!


作曲の方は、昨年は3曲できました。
自分にしては、このペースすごいぞ!
しかも、3曲とも組曲です。

〇6つのマンドリンのための“Spring”(コンクール受賞曲。マンドリンばっかり六重奏)
〇Superimpose スーパーインポーズ~N氏のコード進行による~(ずっと“宿題”だった曲を、完成させました。マンドリン×2、マンドラ、マンドセロの四重奏)
〇秋、常磐公園にて(ウインターコンサートで演奏します。マンドリン、マンドラ、マンドセロの三重奏!)

やはり、実家のことが落ち着いたので、多少の余裕があったのでしょうね。
三連休のたびに、コツコツ曲を作っていました。
“Spring”は、正月から3月まで、計画を立てて妄想練りながら(!)作っていました。こんなに計画的に作れるとは、思わなかったなあ。
頭の中は、たくさんの音がぐるんぐるん。あっこれ、「冬の足音」を作ってた時と一緒だ。
あとは、「セイキロスのスコリオン」を、1か月で編曲しました。


さて、年は…

コンサートが、なんと、2月に集中しています!

2月11日 マンドリン四重奏演奏会(札幌・かでるホール)
2月15日 第26回TIAA全日本作曲家コンクール 入賞者披露演奏会【振替公演】(東京 日暮里サニーホール・コンサートサロン)
2月24日 大雪クリスタルホール「ウインターコンサート」(旭川・大雪クリスタルホール)

すごいぞわたし!?
まさかこんなことになるとは…。
体調に気をつけて、がんばります!

このあとは、特に予定はありません。
ずっと気になっていた、地元のマンドリンオケに行ってみようかなあと思っています。
そのためには、仕事をもうちょっとなんとかしなくては。いや、なんとかする!

作曲では、最近は、地元・旭川にちなんだ曲を作っています。
今は、四重奏で作っています。
その景色のBGMになるような曲を作りたいと考えていますが、さてどんな曲になるかな?

あとは、衣装を一着作りたい!
チェックのスカートも作りたい。…できるかなあ?

したいことはたくさん、しかし体力と時間は有限。
今年も、好きなことをぼちぼちと続けていこうと思います。
posted by いけこ at 11:52| Comment(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

面白かった本のことなど

年末です。
ひまじゃないけれど、記録しておこうと思います。
今年読んだ本の中で、特に面白かったものです。

感想を書くのは得意でない(すぐネタバレになっちゃう)ので、ちょっと紹介程度に…。

ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ
ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ
「ヴィオラ母さん」ヤマザキマリ
お母さんは札幌交響楽団のヴィオラ奏者だったそうです。
わたしが通っていた小学校にも、札響が来たなあと、思い出しました(ぎゅうぎゅうづめの体育館で何を演奏したかは、さっぱり覚えていないけれど)。
千歳に住んでいたと読んで、親近感がわきました。

休日に恋するプレクトラム
休日に恋するプレクトラム
「休日に恋するプレクトラム」神戸遥真
紙本で、購入しました。
字が小さくて、読むのが大変でした。
マンドリン界あるあるも おもしろいですが、恋愛のもどかしさもおもしろいです。
本に出てくるマンドリン曲の演奏をさがして、聴きながら読むと、面白さ倍増です。

ふしぎの国のバード 6巻 (ハルタコミックス)
ふしぎの国のバード 6巻 (ハルタコミックス)
「ふしぎの国のバード」6巻 佐々大河
「ブラタモリ」がきっかけでバードさんのことを知り、
イザベラ・バードの日本紀行 (上) (講談社学術文庫 1871)
イザベラ・バードの日本紀行 (上) (講談社学術文庫 1871)
イザベラ・バードの日本紀行 (下) (講談社学術文庫 1872)
イザベラ・バードの日本紀行 (下) (講談社学術文庫 1872)
時岡敬子訳の、この2冊↑を読んで楽しみ、
さらに漫画も出ていると知って、続けて買っています。
漫画の6巻は、火事とカヨバシ医師が出てきます(原著にも、ちゃんと出てきます)。
文章で読んでも、漫画で読んでも、バードさんの博学ぶりと知的好奇心、そして描写力に感激します。すごいよこの人!!
早く北海道に上陸し、平取に来てほしい(漫画の中で)と思いつつ、道中のこともゆっくり描いてほしいと、期待しています。

そして、並行してこれ↓も読んでいますが、解説が多く、その中味も学術的で読みごたえがあり、なかなか進みません。
完訳 日本奥地紀行3: 北海道・アイヌの世界 (東洋文庫)
完訳 日本奥地紀行3: 北海道・アイヌの世界 (東洋文庫)
この本の旅は、しばらく楽しめそうです。

ケルン市警オド 4 (プリンセス・コミックス)
ケルン市警オド 4 (プリンセス・コミックス)
「ケルン市警オド」4巻 青池保子
青池保子大好きです!
ミステリの謎解き要素が大きかった「オド」ですが、この巻のお話では、真犯人は読者からは見えています。
代わりに、オドがだまされ翻弄される様子が、ねっちりと描かれます。
ああ~じれったい。がんばれオド!と、応援したくなります。
中世の世俗的なものもよくわかる絵が好きです。背景まで、見ごたえあります。

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)
ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)
「ケーキの切れない非行少年たち」宮口 幸治
児童精神科医が書いた本。タイトルは衝撃的ですが、中身も刺激的です。
認知機能の偏りがあるために、反省ができないのかあ。
認知機能のトレーニングをして、考えることができる人を育てる必要があります。
教育は、重要です。

【2019年ビジネス書大賞 大賞】AI vs. 教科書が読めない子どもたち
【2019年ビジネス書大賞 大賞】AI vs. 教科書が読めない子どもたち
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」新井紀子
最近の本は、題名がショッキングですね。
でもこれは、数学者である著者の研究を、そのまま表したものですね。
AIが東大の入試問題を解けるかという研究と、読解力調査からわかること。
そこから予測されるのは、読解力のない人はAIに職を奪われる、ということ。
「ケーキの~」と、分野も内容もちがうけれど、共通していることは、
やっぱり教育は重要だ、ということです。

SPY×FAMILY 1-2巻 新品セット
SPY×FAMILY 1-2巻 新品セット
「SPY×FAMILY」1巻・2巻 遠藤達哉
架空の国の、スパイが主人公。「少年ジャンプ+」に連載されている漫画です。
以前、少年ジャンプに紹介的読み切りが載っていて、それが面白くて、ずっと気になっていたのです。
買おうか買うまいか、ずっとうろうろ悩んでいましたが、買って読んだらやはり面白い!
アーニャかわええ…。
年が明けたら、3巻が出るそうではないか!お年玉もって、本屋へGO!

キューナナハチヨン(1) (ヤングキングコミックス)
キューナナハチヨン(1) (ヤングキングコミックス)
「キューナナハチヨン」1巻 ヤマモトマナブ
作者は、書店に勤める漫画家ですって。
「北海道朝日河市」は、旭川市がモデルです。
ここに出てくる神社は、護国神社がモデルです。
こりゃー、旭川市民必読でしょ!
それを抜きにしても、いろんな本との出会いや人とのかかわりが、とにかく面白くて、早く2巻が出ないかなあと待っております。

影踏み (祥伝社文庫)
影踏み (祥伝社文庫)
「影踏み」横山秀夫
忙しくて、山崎まさよし主演の映画を見逃したー!(ミーハー)
そこで、原作を読んでみました。
原作は、7つの短編なのね。
映画では、どのように構成され、表現されるんでしょう。
一つ一つの謎に迫っていく過程が、面白いです。
何度読んでも、最後に泣いてしまう…。
ますます映画が見たくなりました。


こうしてみると、漫画が多いな!
「アクタージュ」も好きだけど、このあと(舞台「羅刹女」編)もっと面白くなるから、とっておくことにします。
ラベル:
posted by いけこ at 19:46| Comment(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

2019年の抱負…

received_1125018171008092 - コピー.jpeg

1月ももう半ばです。もうSound-HoleもOB会も、練習を始めていますよ~。
あけましておめでとうございました!

2018年の前半は、「マンドリン四重奏演奏会」大雪クリスタルホール「ウインターコンサート」で演奏することができ、仲間と演奏することができてとっても幸せでした。
しかし後半は、実家のほうでいろいろ忙しくて、マンドリンの練習会に出席できるだけでもうけもん!といった感じでした。
昨年の抱負は、「健康第一」。
家族に助けられて、なんとか一年、乗り切りました。


さて、2019年。
我が家の書き初めは、今年はオットの提案で、半紙を使いました。
書いたものを、机そばの壁に貼っておくわけですね。
えぶたんは「努力」
ぼんずは「発揮」
オットは「筋力」

そしてわたしが書いたのは…
DSC_0877.JPG
です。
うわあ~。
これでいいのかって気もするけれど、やっぱり練習は必要だよね。
でも、昨年はほんとうにこれができなかったから、切実な問題です。
この書き初めを見ることによって、少しずつですが、意識して練習の時間をとるようになりました。
今年は「マンドリン四重奏演奏会」と「札教大OB会定期演奏会」に出るので、練習がんばろう!!

昨年は、2曲作りました。
「3月の道標」「2月の雪わたり」です。
2011年からギターのない四重奏(マンドリン×2、マンドラ、マンドセロ)の編成で、「○月の~~」というカレンダーシリーズを作ってきましたが、このたび12曲そろって、完結しました!
あとは、小さな曲を一つ作りましたが、こちらは組曲のようにしたいなと考えているので、完成はまだ先です。

また、作品を道外で演奏していただく機会もありました。
ほんとうにありがたいことです。
どちらかと言えば少人数編成で、ほとんどの曲はギターパートがなく、短めの曲を作っているのですが、そういった曲も需要があるようで、嬉しく思っています。
これからも、聴いて楽しく、弾いて楽しい曲を作っていきたいです。
そのために、その時々にできることを、あせらず少しずつ、取り組んでいこうと思います。

今年もよろしくお願いします!!
posted by いけこ at 20:43| Comment(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

今年初ゆかた!

樽商のコンサートの日、ゆかたを着て行きました。
昨年の夏、ゆかた熱が復活したのですが、そのあと天気が悪い日が多く、1回しか着られなかったのですよ。
この日は、マンドリンの練習がないから荷物は少ないし、一人で行くから…と、前々から狙っていました。
数日前から天気予報とにらめっこしながら、着付けの練習を2回。
「雨の予報がなくなった、よし、着よう!」と決断しました。

DSC_0620 - コピー.JPG

こんなふうに着ましたよ~。
浴衣は、オットのハハからもらったものです。昔は地味だなーと思っていたけれど、紺地に白、橙、緑の模様が映えて、しゃきっとして見えます。
帯は、旭川のお店で買った、朱色+黄色/からし色+緑の、リバーシブル。
コンサートだし、けっこう歩くので、足袋をはきました。
カジュアルな「浴衣」に足袋ってどうよ!?と言う方もいるようですが、格式でなくおしゃれを楽しみたいので、あまりこだわらなくていいんでないかい?と思いました(ほっかいどの夜は寒いし!)。
足袋をはくと、ちょっときちんとした感じになるし、汗を吸うし、鼻緒ずれしなかったので、よかったわ~。
ゆかた用のかご巾着も持っているのですが、プログラムをもらうことを考えて、大きいけれどかごバッグをもちました。
中に入れる細々としたものをまとめるために、がま口ポーチを活用し、和モダンな柄の風呂敷で目隠ししました。
四角い感じの、和洋どちらにでも使えるかごバッグを見つけたら、買おうと思っています。

DSC_0618.JPG

帯は「文庫結び」しかできなかったのですが、今回は「片蝶結び」に挑戦!
この帯を買ったときに呉服屋さんでもらったブックレットを見ながら、練習しました。
左右非対称な作り方も、変化があっていいものだと、感じられるようになりました。
あまりうまくはありませんが、あわてずしっかり結べたので、とちゅうで崩れずにすみました。
若い人向けには、リボン結びに作られたものを差し込むだけのつくり帯が売られていますが、わたしは、下手でも自分で帯を結びたいです。
なぜなら、結び方を変えることで、着こなしも変わるから。
リバーシブル帯を表・裏と使うだけでも、いいですよねー。

DSC_0621 - コピー - コピー.JPG

横から見たら、こんな感じ。
髪が長くないので、しばらずにねじってピンでとめ、右側に流すようにしてみました。
去年 札幌のキモノハナで買った、黄色の髪飾りをつけてみました。

DSC_0602.JPG

アクセサリーは、昔オットが作ってくれた、銀のお魚ネックレスを帯にはさんでみました。
また、午前中にキモノハナに寄って、帯締めも買っちゃった!店員さんがつけているのを見て、いいな~と思っていたのです。アクセントになり、帯が引き締まって見えました。

ゆかたを着てコンサートに行くと、知っている人だけでなく、知らない方からも声をかけられました。
「若い人はかわいいね」とか(若くないですが…そう見られる効果があるかも?)
「まあ、天気がよくなってよかったですねー」とか。
今度は、金魚柄を着てお出かけしたいです。
posted by いけこ at 00:36| Comment(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

2018年も、よろしくお願いします!

DSC_0227 - コピー - コピー - コピー.JPG
2018年です。今年もよろしくお願いします。
今年の抱負は、「健康第一」
そのうえで、音楽を楽しみたいと思います。

昨年は、1月末に、不覚にもインフルエンザにかかってしまいました。
ほかにも、文字を読むのがたいへんになってきて、とうとう「中近両用メガネ」を作りました。
さらに年末に親不知が痛み、歯医者に行ったら「埋もれているから、うちでは抜けません。口腔外科で抜いて」と言われ、口腔外科で手術して抜きました…。
いろいろ、お年頃になってきました。

マンドリンの活動では、2017年は充実していました。
2月の「マンドリン四重奏演奏会」は超常連。
7月には、いけこの曲を3曲も弾いていただけるということで、福岡へ飛んでいきました。九州のみなさんと出会い、交流できて、うれしかった~!
8月は、札教大マンドリンクラブOB会の定期演奏会に参加。第2部のコンマスでした。
9月には、永山南中マンドリン部のみなさんに、「冬の足音」を演奏していただきました
11月には、サウンド・ホールのコンサートを、18年ぶりに旭川札幌で行いました。これまで、他者が催すコンサートに出演するだけだったので、規模にかかわらずコンサートを開催運営するのは、たいへんだということを再認識しました。反省もいろいろ…でも、仲間と作るコンサートは、楽しかったです!→Sound-Hole「響孔Blog」の記事へ

作曲については、昨年完成したのは、1曲だけでした。
でもまあ、〆切はありませんし、作れても年に2曲ですから、ぼちぼち取り組みます。
ここ最近は、ギターのないマンドリン四重奏をシリーズで作っておりますが、三重奏もあるといいな~と思ったり、長くなりそうな別のシリーズを急に思いついたり。
また、ブログを急に引っ越したにもかかわらず、これまでに作った楽譜のご要望を、各地からいただきました。ありがとうございます!

日本マンドリン連盟では、昨年わたしは、個人会員として、機関誌「JMUジャーナル」への自作曲投稿を呼びかけています。編集規定が少し変わったので、楽譜の投稿もできるようになったんですよね。→2017年7月の第267号に、よびかけ文が掲載されました。
わたしは、「JMUジャーナル」に掲載していただいたおかげで、楽譜のご要望を道内外からいただくようになりました。→日本マンドリン連盟のサイトの“アーカイブ”に、JMUジャーナル225号についてありました。2010年だって。懐かしい~。
作曲をしている方に呼びかけたところ、9月にOB会先輩の楽譜が掲載されました
わたしの知りうる範囲では呼びかけておりますが、全国にマンドリンの曲を作る方は、まだまだいらっしゃるはず。印刷物になって全国の連盟会員に届くということは、インターネットで個々に発信するのとは別の価値があります。まず名前を知ってもらう、そしてネット環境のない方々にも興味を持ってもらうのって、大事です。
作曲される会員の方には、ぜひ投稿していただきたいです。また会員でない方にも、ぜひ連盟に加入して、「曲を作っているぞ!」とアピールしていただきたいと思います。

…ということで、今年もバリバリとはいきませんが、北の国からぼちぼちと、地道に活動していきます。
まずはコンサート出演が、二つ!(あっ、すでに「地道」じゃないかも?)
後日書きますね。
posted by いけこ at 21:55| Comment(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

ぼんずと二人旅!in福岡

福岡に、マンドリンアンサンブルフェスティバルを聴きに行ってきました。
でもそれだけではもったいないので、観光も楽しんできました!
ぼんず(高1)と二人旅はけっこうしたけれど、北海道を出るのは17年ぶり!飛行機に乗るのは14年ぶり。
今は飛行機もインターネットで購入できるんだね。
新千歳空港を使うのも初めてだし、乗り方もよくわからず、これでいいのか、次はどうするのかと、けっこうドキドキ。

旭川から新千歳空港まで行って、福岡行きの飛行機に乗りました。
着いたら…暑い!!湿度が高い!!
そして建物がいちいち高い!大都会!?わたしたち、上を見上げて歩く田舎者です。
市役所の前は、子どもが水遊びできる、期間限定の遊園地が作られていました。
天神を歩くと、Loftの前で何か霧が噴出!?これって涼しいのか?

CIMG0473.JPG
夕食は屋台でラーメン。屋台がいっぱいあるってすごいね!文化が違~う。
ラーメンは、スープも麺も北海道とちがいます。
熱風をスパイスに、おいしくいただきました。

CIMG0481.JPG
オープントップバスに乗って、福岡の夜景を楽しんできました。
屋根のないバスで高速道路を走ると、ジェットコースターみたいで楽しい~。
でも飛ばされそうで、ちょっと怖いです。
福岡は、空港があることで、建物の高さが規制されているそうです。
わたしたちにとっては、「どの建物も高いでしょ」と思うのですが…。
最後には、このバスの枠の上から、噴霧!なぜ霧が?
「ミスト」と言われると、おしゃれなかんじだけどさ。
旅日記のつづきはこちら
ラベル: 九州
posted by いけこ at 21:35| Comment(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

この夏は、浴衣でおでかけしよう!

この夏、ぜひしたいと思っていたこと…それは、浴衣を着ることです。
2着も持っているのに、子どもが生まれてからはごぶさたで、なんと14年も着ていなかったのです。
花火大会も自転車で行くので、やっぱり着ないのです。
でも、あるのに着ないなんてもったいない!
そう思って、引っ張り出してきて、着付けの練習をしました。
久しぶりすぎて、おはしょりの作り方がむずかしい…。
呉服屋さんでもらったブックレットを見ながら着ますが、最近なら、ネットで動画も見られるんですねー。

そうだ、こんど札幌に行ったときに、どこかで髪飾りなどの和装小物を買おう!
…と思って調べていたら、札幌・パセオの「キモノ ハナ」というお店を見つけました。
facebookを見てみたら、若い店員さんがモダンに着こなしていて、すてき!
記事も読んでいて楽しいです。
練習の日にお店に行ってみたら、かわいい着物やゆかたがいっぱい~。
ほかのお客さんが試着していた赤地に水玉もようも、とてもいいわ~。
この日は紺地の浴衣にあわせる髪飾りだけを買いましたが、下駄やバッグもいいなー。
時間があって荷物が少なければ、いつかもう一着買っちゃうかも!
とてもワクワクするお店です。

さて、まずは手持ちの一着を着てみました。
CIMG0218.JPG
呉服屋さんで一目ぼれして買ったのに一度も着ていなかった、金魚柄。
帯は、刈安色(薄い黄色)と茜色のリバーシブル。茜色のほうは、銀糸で桜の刺繍がしてあってきれい。
帯も自分で結びます。「文庫結び」しかできないのですが。

CIMG0347 - コピー.JPG
このまえ外出に着ていったときは、(以前コンサートで使った)おおきな花かざりをつけました。ヘアアレンジができなくても、これでなんとかなります(笑)。

つぎのステップとしては、帯の結び方をもう一つくらい覚えたいです。
そして、オットのハハからもらった浴衣を着るぞ!オー!
ラベル:おしゃれ 札幌
posted by いけこ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

いけこ自己紹介

あらためまして、いけこの自己紹介です。

北海道にて、ぼちぼちマンドリンを弾いております。
マンドリンの曲も、ぼちぼち作っています。
Sound-Hole(サウンド・ホール)のメンバーです。
北海道教育大学札幌校マンドリンクラブOB・OG会でも、弾いています。
たまに、マンドリンユニットMarsupiale(マルスピアーレ)も、やっています。
一般社団法人日本マンドリン連盟北海道支部の、個人会員です。

子どもが小さいころ、思うように楽器を弾けなかったので、子どもを寝かしつけたあとに、少しずつ曲を作るようになりました。
Sound-Holeのメンバーが少ないため、レパートリーの確保に苦労していたのも、曲を作るようになったきっかけです。
ぼちぼち書いてはメンバーに弾いてもらって、作った曲は30曲を超えました。
ありがたいことに、道内、道外の方にも演奏していただけるようになりました。

ファッション大好き!たまに、服を作ります。ステージ衣装も作ります。
よく使う型紙つき洋裁本は、茅木真知子さんと篠原ともえちゃんです。

「えぶたんのほっぺ」の「えぶたん」は、次男のことです。えぶたんが小さいころ、同名の曲も書きました。
もうすっかり大きくなってしまいましたが…。
posted by いけこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

ブログ引越しました

おしらせです。
いけこのブログ「えぶたんのほっぺ」、このたびロリポップ!からSeesaaへ引っ越しました。

ロリポップ!で書いていた、これまでの記事はなくなっちゃったんですよー。
10年以上続いていたのにもったいな~い…。
前は有料だったのですが、今回は無料にしました。

タイトルは変わらず、ぼちぼちゆるゆると、発信していきますね。

いけこ

posted by いけこ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | いけこ諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする