2019年10月07日

TIAA披露演奏会への道④ なんと、披露演奏会に変更点が…!

DSC_0026.JPG

早いもので、あと1週間、いやあと5日となりました。
それぞれの練習について、書く暇がなかったですね。

8月18日 第3回練習
それぞれのテンポに、だいぶ慣れてきました。
速度変化の合わせ方を、作っていきました。首振りを求められることが多かったかも。
大学サークル現役のころの、指揮者がいない初めての年を思い出しました。
ここでも、シンコペーション盛りだくさんのフレーズについて、確認・練習をしました。
「この曲作ったのは誰!?」
「はい、わたしです!!(すみません💦)」


9月21日 第4回練習
パート同士でどのように音が重なっているのか、またからまっているのか、だいぶ見えて(聞こえて)きました。
とくに第3楽章のはじまりと「G」のラルゴをどう聞かせるのか、いろいろご意見いただきました。
2楽章「曇り空に桜」のイメージは共通している(つまり、イメージしやすい)ことがわかりましたが、それぞれのイメージする場所が違っていて、おもしろかったです。
わたしは道北のひとなので、富良野の山部あたりの桜かなあ。旭川の常磐公園も、こんな感じに咲いた年がありました。
イメージの共有

10月5日 第5回練習
ひと月に一度、練習を入れていました。
みなさん演奏活動に忙しく、これ以上多く入れられません。集まっていただき、ただただ感謝です。
前回の最後に、通して演奏したものを録音していたので、その日録音していなかった方にも、CDにして送ってみました。
この日は、「1楽章をもっと軽く弾く」「2楽章の縦の線をそろえる」ことをしようと考えていましたが、録音を聴いていただいたことにより、みなさん同じように思ったそうです。共通認識したうえで演奏できて、よかったです。
ピッキングとトレモロの弾き方の区別について、議論になったので、試しに2パターン弾いてみました。
わたしは弾いていて、手いっぱいだったので、そこまで考えたことがない箇所でした。
シンコペーションのところは、?と思う部分も、ちょこっとありますが、まとまった演奏になったので、オッケーです!
みなさまのご協力により、よい演奏になりました。ありがとうございます。
それぞれが録音を聴くと、共通認識もあらたな発見もできる!


そうそう、第5回練習の前に、なんと演奏会に変更点が!

その変更点とは…、なんと、出演順が変わって、わたしたちマンドリンが最後になったことです。
最後です。大トリです!
「諸事情により」と書いてありましたが、何の事情でしょう!?
われわれはピアノを使わないから、とかかな?

そんなわけで、わたしたちのリハーサルは11:00、
わたしたちの出番は、後半14:35~15:35の最後です。
だいたい15:15前後となるでしょうか。

よし、がんばりますよ~!
よろしければ、東京や近郊の方、興味をお持ちの方は、ぜひ披露演奏会を聴きに来てくださいね!
ちなみに、楽屋での面会はできません。「ロビーでの面会をお願いいたします」とのことです。

あと、前日 10月11日は、「マンドリンの日」
東京では、「マンドリンの日コンサート」が開催されるんですよね。
→一般社団法人日本マンドリン連盟北海道支部ホームページをごらんください。
日暮里から3駅だし、疲れない程度に行ってみようかな…と考えております。
もちろん、披露演奏会の宣伝を兼ねて!

荷づくりよーし!
楽器の座席もとりました(特別旅客料金)。
当日朝の練習場所もとりました。
あとは心の用意!!(演奏もか!?)
posted by いけこ at 23:56| Comment(0) | TIAA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください