2019年08月07日

いけこの曲紹介「the play of light on the water」

北海道も暑いです!
ちょっとでも涼しくなるように、水に関する、いけこの曲をどうぞ!

「the play of light on the water」
2006年に作りました。

編成は、
マンドリン1
マンドリン2
マンドリン3
マンドセロ の、4パート。

ちょっと変則的ですね。
ちょうどこのころ、Sound-Holeのメンバーがマンドリン3人とマンドセロだったので、こんな曲を作ってみました。
だって、そういう編成の曲は、売られていませんからね。

2016年には、トロワ・クプルスの皆様から、
「うちの編成に合わせてくれたら、弾くよ!」
と言われて、
マンドリン1
マンドリン2
マンドラ
ギター  に直したバージョンも作っています。(パート間で、あちこち音を入れかえております)

所要時間は、約3分です。

【解説】
英和辞典の“play”のページに載っていたことば
「水面の光のゆらめき」
から、発想をふくらませました。


マンドリンのトレモロのキラキラした感じや、ピッキングの余韻の美しさが、水面の光のゆらめきを表現するのに適しているのではないか
と思って、作りました。

うーん、このときは、Finaleの無料試用版を使ってスコアを作ったけれど、そこからパート譜ができなかったので、手書きで写譜していたなあ…。何という手間でしょう。
でも、3分程度の曲だから、手書きでもいけたのかも。

その後、Print Musicを買って、パート譜も作ることができるようになりました。
(今は、Finale2011から、Finale26にバージョンアップしました。)


2009年7月発行の、日本マンドリン連盟(この時は、まだ一般社団法人ではなかった)の
機関誌「JMUジャーナル」第219号に、スコアが掲載されました。


こちらは、Sound-Holeによる、練習のようすです。
騒音も入っていて、聞き苦しいかもしれませんが…。
よろしければ、ご覧ください。



いけこの曲、ほかにもいろいろあります→いけこのマンドリン曲 作品リスト

お問い合わせ・楽譜ご要望の際は、当ブログまでコメントをください。
コメントのメールアドレス欄に、アドレスをご記入いただければ、後ほどメールを送ります。
(ご記入いただいたアドレスは、管理人であるわたしのみ見ることができますが、ブログ上では公開されません)
また、一般社団法人 日本マンドリン連盟の会員名簿に、わたしの連絡先が掲載されています。
(北海道支部個人会員、所属は「サウンド・ホール」です)
posted by いけこ at 21:28| Comment(0) | いけこのマンドリン曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください