2018年04月30日

柴田高明&堀雅貴マンドリンデュオリサイタルを聴きに行ったよ♪

連休の1日目は、サウンド・ホールの練習でした。
ずっと忙しかったから、仲間と一緒にいろいろ弾けて、楽しかった~。
久しぶりの曲や初見の曲で、へったくそですが、通ったら気分いい。
とってもよい気晴らしです。

練習後、プロの方の演奏を聴きに行きましたよ!
こういう機会、北海道ではめったにないですからね。
しかも道北から、そんなにひんぱんに札幌に行けないし…。
だからこうやって、同じ日に練習を設定するんですよ。

地下鉄駅のロッカーに、大荷物(マンドリンとマンドラと、譜面台と楽譜いっぱい…。家出か!?)を置いて、身軽になって行きました。
ぴよさんのマンドセロだけ、入らなかった…。


0.jpg

柴田高明&堀雅貴マンドリンデュオリサイタル
2018年4月28日(土) 18:00開演
ル・ケレス南円山 ミュージアムホール



聞いたことのない場所だなあと思ったら、住宅街の高級マンションの中にあるホールでした。
小さなホールに、パイプ椅子を並べています。
お客さんは、ほとんどみんな、マンドリン合奏に携わる人でした。
楽器を持ってきた人もいます。わたしたちのように、練習後に来たんでしょうね。

このリサイタルは、マンドリン二重奏のみというプログラム。
マンドリン2本だけで、こんなに表現できるんだ!と驚いた、すばらしい演奏でした。
やっぱり、プロはすごいね!!
わたしは、ドラグノフさんの曲が好みです。
柴田さんのトークも、面白いです。

「海のアドリブ~中級程度のマンドリンデュオ曲集」という曲を演奏しました。
このタイトルを見て、わたしは「技術的に、自分も弾ける曲だろうか?」という意識で聴いてしまいました。
みんなは、どのように聴いたんでしょう。若い人たちは、「弾いてみよう!」と思ったかもね。
わたしの感想は…
「これが中級程度なら、わたしたち、万年初心者だ~!ガーン!」
この日、演奏していた楽譜を売っていましたが、わたしは手が出せなかったので、CDを買いました。
堀さんに、サインしていただいちゃった♪(←ミーハー)
聴いて楽しむことにします。

とってもおなかがすいていたので、会場そばの中華料理屋さんで乾杯♪
どれもこれもおいしい。デザートのココナッツアイスが、濃厚でおいしかった~。
指定席をとった汽車を逃すくらい、長居してしまいました。
posted by いけこ at 21:09| Comment(0) | マンドリンのコンサート鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

いけこの曲紹介☆「海へいこう♪」

いけこの作ったマンドリン曲を紹介します。

「海へいこう♪」
2008年作曲
編成
Mandolin1,Mandolin2,Mandola,Guitar,Contrabass
※Mandocello加筆 2013

【解説】
北海道の内陸に住んでいると、
海へ行くことが、夏の大イベントだったりします。
海をめざしてドライブするときの高揚感を、
波乗り風のリズムにのせてみました。

マンドセロは、中学校のマンドリン部のために加筆したもので、
ディヴィジョンの部分があります。


これはもともと、大学サークルの現役部員ために書いた曲です。
当時はセロパートがいなかったので、その編成に合わせて作りました。
トレモロ習得の前に、きれいなピッキングを出せるようになってほしいなと思って、ごく一部を除いてすべてピッキングにしました。
卒業演奏会で演奏してくれたのですが、彼らはなぜか、指定よりかなり遅いテンポで、トレモロにして弾いていました…。
誰にでもわかりやすく読みやすい楽譜を作らねばと、反省しました。

セロ加筆版は、2013年に旭川市立光陽中と永山南中のマンドリン部が合同で演奏。
また2016年には、永山南中さんが演奏してくださいました。
ノリノリで弾いてくれました!ありがとうございます。

こちらの動画は、2018年2月、福岡シンフォニックマンドリンアンサンブルの部内演奏会にて。
演奏してくださったのは、「MEFT」という、若者のみなさんです。
YouTubeにupしていただき、ありがとうございます!!


そういえばこの曲、自分では、公の場で演奏したことがないのですよ。
ギターが入った編成だからでしょうか。

いけこの曲、ほかにもいろいろあります。→いけこのマンドリン曲 作品リスト

楽譜ご希望のかたは…
posted by いけこ at 21:26| Comment(0) | いけこのマンドリン曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

春なので、買ってみた!

DSC_0425.JPG

ふだん、マンドリン弦を買うのに「絃楽器のイグチ shop-i」を利用しています。
弦を買うついでに、本とCDも買っちゃった!

野村亮太「なぜマンドリンクラブの新歓はうまくいかないのか ―新歓を真剣に考える―」
NICOLA CALACE(1861-1924) - Opere scelte
e田橋crazys「天使“S”の回想」

新歓についての本は、自分には関係がないのですが、興味深く読みました。
時代は変わり、若者を取り巻く環境の変化はありますが、昔の自分に置き換えて読んでも、「ああ、そのとおりだなあ」とうなずける内容です。
現役部員のみなさんに、ぜひとも読んでほしい本です!

カラーチェ兄の選集は、「四重奏曲」が聴きたくて、買いました。ジャケットもすてき。
「四重奏曲」は、いつか弾きたい曲ですが、マンドリン、マンドリン、マンドラときて、マンドセロ…ではなくて、マンドリュートなんですよね。
わたしの持っている不鮮明な楽譜と、音がところどころ違うので、弾くなら確認が必要です。

e田橋crazysは、それぞれプロ奏者として活躍されている方々のグループです。
前にエンジェル島田氏が率いていたバンド「エレクトリック・チェア」にも、衝撃を受けましたが、これもまたすごいわ。どの曲も凝っているのに聴きやすくて、かっこよくておしゃれ。
アンドウマユコさんの曲がいろいろ聴けて、うれしい♪
posted by いけこ at 23:29| Comment(0) | マンドリンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする